静岡県病害虫防除所から・・・・・・

7月の病害虫発生予察情報が出ました。

稲      葉いもち・穂いもち・・・やや少
       縞葉枯れ病・・・・・・・やや少
       セジロウンカ・・・・・・やや少
       トビイロウンカ・・・・・やや多
       斑点米カメムシ類・・・・並

かんしょ   ナガジロシタバ・・・・・やや多
       イモキバガ・・・・・・・並
       エビガラスズメ・・・・・やや多

温州みかん  黒点病・・・・・・・・・並
       チャノキイロアザミウマ・・並
       ミカンハダニ・・・・・・多

中晩柑    かいよう病・・・・・・・並

キウイフルーツ  かいよう病・・・・・やや多

果樹全般   カメムシ類・・・・・・・やや多

茶      炭疽病・・・・・・・・・やや少
       もち病・・・・・・・・・並
       輪斑病・・・・・・・・・多
       チャハマキ・・・・・・・多
       チャノコカクモンハマキ・・多
       チャノホソガ・・・・・・やや少
       チャノキイロアザミウマ・・並
       チャノミドリヒメヨコバイ・・多
       クワシロカイガラムシ・・・多
       ヨモギエダシャク・・・・・やや多

菊      黒斑病・褐斑病・・・・・・やや少
       アザミウマ類・・・・・・・並
       アブラムシ類・・・・・・・やや多
       オオタバコガ・・・・・・・並

            農薬通販JP  鳥羽 和興         

by   at 13:13  | Permalink

7月1日から・・・・・・・・・

バスタ液剤が値上がりします。

値上がり率は15%とかなり大きいです。

外国はインフレが日本以上に進んでおり、外国よりも日本の農薬価格は安いようです。

旧価格で入手できる方は早めに購入した方がお得だと思います。

                農薬通販JP   鳥羽 和興

by   at 10:15  | Permalink

ウクライナとロシアの戦争は・・・・・・

当初の予想よりも長引いており、開戦からは100日を越えてきているようです。

このため、ロシア、ウクライナともに小麦やソバ、ひまわり油などの大きな産地であり

東南アジア、中近東、アフリカ諸国の食料供給国であったため、飢饉の被害が心配

されています。この戦争の前から中国やアメリカ、EU諸国の大雨や干ばつの影響で

小麦などの食料不足で、中国がリン酸肥料の輸出制限をしており、カリ肥料も

世界で産出している国がロシア、カナダ、ベラルーシなどですから、世界的に

これも不足し、さらにロシア産原油の輸入差し止めを日本、EUが決断しているため、

世界中が物不足によるインフレになっております。肥料は、今年6月からの価格改定

により、単肥は2倍にはねあがったり、平均でも50%高になっております。

特に困っているのはEUです。このため、ロシアからの輸入を大部分ストップするので、

今後の不足分を中近東諸国から輸入するため、それらの国々へ増産依頼をしているよう

です。 これが成功すれば原油も下げに転じるのではないかと期待しています。

ただし、日本では今年の3~4月の原油価格が今年の10~12月以降の農薬新年度

価格となりますので、2023年の農薬価格は値上がりするとの覚悟をした方が

良さそうです。  それでは。

             農薬通販JP   鳥羽 和興

by   at 14:54  | Permalink

6月の農作物病害虫発生予察情報が・・・・

出ました。

稲       葉いもち・・・・・・やや多
        イネミズゾウムシ・・やや多
        イネドロオイムシ・・やや多
        斑点米カメムシ類・・やや多

ばれいしょ   疫病・・・・・・・・やや少
        
温州みかん   チャノキイロアザミウマ・・やや少
        ヤノネカイガラムシ・・・・並
        ミカンハダニ・・・・・・・並

中晩柑類    かいよう病・・・・・・・・並

なし      黒星病・・・・・・・・・・並

かき      落葉病・・・・・・・・・・多
        チャノキイロアザミウマ・・やや少

キウイフルーツ かいよう病・・・・・・・・やや多

果樹全般    カメムシ類・・・・・・・・並

茶       炭疽病・・・・・・・・・・多
        もち病・・・・・・・・・・多
        輪斑病・・・・・・・・・・やや少
        カンザワハダニ・・・・・・やや少
        チャノキイロアザミウマ・・並
        チャノミドリヒメヨコバイ・・やや多
        チャノホソガ・・・・・・・やや多

きく      黒斑病・褐斑病・・・・・・並
        えそ病・・・・・・・・・・やや少
        アザミウマ類・・・・・・・やや多
        ハモグリバエ類・・・・・・やや少
        オオタバコガ・・・・・・・多
                          以上

          農薬通販JP   鳥羽 和興

by   at 13:14  | Permalink

農薬の価格改定は・・・・

毎年12月から改定時期を迎えますが、今年は原油の値上がり、円安、ウクライナと

ロシアの戦争などの影響により農薬の流通費用、原料の値上がりなどにより、期中に

価格改定となるものが出てきています。ピクリン剤、バスタ液剤なども6月から

7月にかけて期中の値上がりが決まっているようです。 世界中が混乱期になっているの

で、仕方がないですね。 輸入農作物もますます値上がりしていくような情勢です。

政府は、日本国民を困らせないように、もっと自給自足政策を促進するように

してもらいたいですね。 (政治家は自分のお手当が少ないとか発言せずに国家、国民の

ために発想をめぐらしてもらいたいですね。)

          農薬通販JP   鳥羽 和興

by   at 16:37  | Permalink

肥料業界が・・・・・・・

大変な状況になってきているようです。

今年の6月からの肥料価格の値上がりについては、以前のブログでその情報を

記載させていただきましたが、さらに大きな値上がりとなりそうだとの話が出ています。

現在の価格よりも50%くらい値上がりしそうだとのことです。

では、農薬業界の新年度(10月~12月)からの値上がりは、まだ予想が出ていません

が、肥料ほどではないでしょうが、(成分含量が低いため。)かなりの値上がりが

予想されています。 これは、中国からの輸入品がリン酸をはじめ尿素などの

値上がりがさらに厳しくなっているためです。またこれに代替するべく米国、カナダ

中近東、東南アジアなどから輸入すると、船賃などの費用がかなり大きな負担になる

ことがあります。 また、世界的にロシアとウクライナの戦争により、ただでさえ

農作物の不足状態が加速し、肥料、農薬の相場が押し上げられている影響が大きい

ためです。だからといって、メーカーも数年分を買い込むと、豊作や戦争終結などに

よって肥料、原油、農薬の相場が大幅な値下がりになる可能性もあるために、買い込め

ないのが実情です。 上記の戦争により、アフリカや中近東は食料不足で飢饉が

酷くなり、餓死者が出てくる恐れが大いにあるそうです。心配ですね。

取り敢えず必要な農業を続け上での肥料・農薬・資材などはある程度、確保する

ことが大事ですね。

            農薬通販JP  鳥羽 和興

◎既に以前より、OATハウス肥料のなかにはリン酸肥料を中心に、メーカーの割り当て配

 分になっている商品もあります。 それは上記の影響が出ているとご理解ください。

by   at 07:54  | Permalink

農薬と肥料の価格改定時期は・・・・・

以前にもブログに書きましたが、違います。

農薬は12月にメーカーと全農による改訂交渉により改定されます。(年1回)

でも、あまりにも国際市況などの変化が大きくなり、剤別には期中で価格改定される場合

もあります。

肥料は6月と11月の年間2回の改定時期があります。

昨年秋から現在に至るまで、肥料、農薬ともに中国の農作物の不作、アメリカの不作、

ヨーロッパの不作などがあり、一方で肥料の原料、製品とも中国からの輸入に頼っていた

日本は、中国国家の意向により、中国国内優先の肥料の配分と値上げの影響を受けまし

た。 農薬も一部のグリホサート関連製品などの値上がりが顕著となりました。

その後、ロシアとウクライナの戦争が勃発しました。これにより、小麦、トウモロコシ、

ソバ、食料油などの値上がり、燃料の値上がり、米国の金利引き上げによる円の値下がり

などもあり、国際的に食料品、燃料、木材等のインフレはますます進みそうな状況

です。 今年に入っての中国の天候も不順で洪水が頻発しており農作物の値上がり

は続きそうです。

6月から改定になる肥料価格も更に20%くらいは値上がりするのではないかと

の予測があります。(ご参考までに。)

農薬の価格は今年の12月に発表されますが、例年よりもその値上がり幅が大きく

なることが予想されています。農薬の原料となる、原油の値上がり、リン鉱石の

値上がり、船賃、運送賃、包装資材などの値上がり、円安などの原因があります。

アバウトな予測ばかりで申し訳ありませんが、宜しくお願いします。

            農薬通販jp   鳥羽 和興


by   at 12:33  | Permalink