県病害虫防除所の・・・・・・・・・・

4月上旬の発表によると、果樹に被害を出すチャバネアオカメムシの越冬は平年並み

であったが、昨年秋季の豊橋市の予察灯におけるこの虫の誘殺数は、過去10年で

一番多く、ツヤアオカメムシも2番目に多い数となっています。 このことから、

果樹カメムシ類の果樹園への飛来数は6月末までにやや多いと予想しますとのこと。

その他、稲のいもち病は平年並み、麦のうどんこ病、赤カビ病も平年並みですが、

赤さび病については、やや多いという予想を発表しておられます。

                             以上

          農薬通販JP   鳥羽 和興

by   at 16:11  | Permalink

前から気になって・・・・・・・・・・

いましたが、農薬通販JPサイトでは、1万円以上お買い上げの方には運賃を

サービスさせていただいております。  中には、9800円ぐらいのご注文を

頂く場合があります。  この場合、不公平になりますし、次のご注文時にトラブルに

なる恐れもありますので、1万円以下のご注文ということで、運賃を別途頂いておりま

す。  こうした場合は、将来使われる農薬を1品買い足すか、作業用手袋の

安い商品を追加購入していただいて、1万円以上のご購入金額にされた方が、お得

となります。  ご注文いただく際はこの点もご注意ください。

宜しくお願い申し上げます。

             農薬通販JP   鳥羽 和興

by   at 16:24  | Permalink

先月末頃に・・・・・・・・・

週刊新潮(3.19、3.26号)に掲載された、お茶の農薬残留についての記事が静岡県内

でも問題化され、お茶に使う農薬の選定にまで影響が出ている状況である。

その週刊誌の中で、EUよりも日本の方が規制が緩いとも書いてあったが、そもそも

EUの地帯ではお茶が栽培されておらず、この場合はEU地域の各農薬のお茶に対する使用

基準は無いので一番厳しい基準となります。

週刊誌の記者の方も、もう少し詳しく調べてから記事を書いてもらいたいですね。

もっとも、消費者の関心が集まれば、デマでもなんでも書いて儲けるのが、

仕事と割り切っているのですかね。

          農薬通販JP  鳥羽 和興


by   at 11:42  | Permalink

永年・・・・・・・・・・・・

農業という第一次産業に関わる仕事をさせていただいて(56年間)、大変有難いと

感じております。  何故なら、現在のコロナ騒動で世界中が大変な目に合っていて、

飲食業、サービス業(レストランチェーン)、交通機関、旅館業、観光業、自動車業界、

映画演劇関係、イベント、講演業、演劇業界、服飾業、百貨店、不動産業など、いろいろ

な業界が大きく利用客の減少による悲惨な売り上げ減少の影響を受けています。

今後、これは1929年以来の世界大恐慌となる可能性が高いと思っています。

そんな中で、農業に関わる現在の仕事は、社会がどんな状況になろうとも食糧は

必要不可欠なものですので、有難いと思っております。

コロナで家での巣ごもり状態になっても、宅配便で届く農薬・肥料の販売も

行っておりますので、ご利用ください。

          農薬通販JP  鳥羽 和興

by   at 10:13  | Permalink

3月末の・・・・・・・・

メーカーの決算を控えての販売攻勢は、ひと段落し終えました。

今年はオリゼメート剤を含め、4剤とその混合剤が多数品切れとなり、大騒ぎ

した年となりました。(オリゼ以外は、アーデント、デラン、スポルタック剤などです。)

2~3月にかけては、コロナ騒動で、中国よりもイタリア、スペイン、フランス、ドイ

ツ、さらには米国での広がりが急で、世界的な株価の大暴落や、サウジ、ロシア、アメリカ

の間での石油販売シェア競争で数年前に、1バレル当たり、120から130ドルして

いた原油が20ドルそこそこまで値下がりし、(これはコロナの影響で交通機関、飛行

機が飛ばなくなった影響もあるようです。)極端な状況が続いています。

コロナの終息は数年かかるという学者も複数人おられるようで、1929年の

大恐慌以来の不景気がやってくるという学者の方もおられて心配です。

この点、私どもが関与させていただいている農業では、これらの景気に比較的

左右されにくい業界であると思っておりまして、注意深く見守っていきたいと

思っております。

米国では素早い対応で2兆ドル(220兆円・・・日本の国家予算の倍以上)の景気支援策

を組むといいますし、その他の諸国もかなり多額の予算を提示しつつあり、日本でも

消費税の減額や撤廃、多額の援助資金の支出をしていただくよう希望しています。

今後、都市封鎖などをすれば、あらゆる業種に多大の負荷がかかるので素早い対応

が望まれます。こうした不景気の時代は、病気で亡くなるよりも、自殺する方が

非常に増えると予想し、心配しておられる先生もおられます。むしろ自殺者の方が

病死の方よりもかなり多くなるそうです。             兎に角、

上記でご連絡したように、不足してくる農薬も増えておりますので、農薬のお求め

は、早めのお願い申し上げます。

            農薬通販JP  鳥羽 和興

by   at 15:23  | Permalink

4月の・・・・・・・・・・

農作物病害虫予察情報が出ました。

ウンシュウミカン     そうか病・・・・・・多
             ミカンハダニ・・・・並

カンキツ         かいよう病・・・・・やや多
             
茶            チャハマキ・・・・・並
             チャニコカクモンハマキ・・・やや多

トマト          灰色かび病・・・・・多
             葉かび病・すすかび病・・・多
             黄化葉巻病・・・・・多

イチゴ          うどんこ病・・・・・やや少
             灰色かび病・・・・・やや多
             たんそ病・・・・・・多
             アブラムシ類・・・・多
             ハダニ類・・・・・・多
             アブラムシ類・・・・多

           農薬通販JP   鳥羽 和興
             

by   at 08:31  | Permalink

お蔭さまで、・・・・・・・・・・・

弊社の農薬通販JPのご利用が増えています。

6月末までの、カードを利用してのご購入に対して5%還元があるということで

前年比4割近く販売額が伸びています。  年間お使いになる農薬、肥料をまとめ買い

されるということで、年間売上としてはあまり変わらなくなってしまうかもしれません

が、売り上げが早期に確保できることは、有難いことだと思っておりまして、感謝

申し上げます。 5%の消費税の還付をされる期間は、あと3か月となってきました。

買いだめをするには今がチャンスです。 周りの農家の方にも、是非ご紹介いただきます

ようお願いします。  また、農薬、肥料の販売を商売としてお始めになりたい方は、

お近くの農林事務所にお申込み手続きをしていただき、劇物を除く農薬、肥料、資材

の販売業の届出書を提出していただくと、販売業をスタートできます。

(劇物を販売されたい場合は毒物劇物取扱い主任者資格試験をパスしないと販売できません。・・・1年に1回の試験があり、合格率は30%くらいです。)

弊社では、農薬卸売業もしておりますので、宜しくお願い申し上げます。

             農薬通販JP  鳥羽 和興

上記について、ご質問があれば、下記にご連絡ください。

    TEL 0538-42-4111 豊田肥料㈱  鳥羽

by   at 08:58  | Permalink
2020年4月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30