原油価格が・・・・・・・・・・・・

値上がりしています。

原油価格は変動が激しく推移しています。20年以上前までは1バレル当たり(約160リットル)12~13ドルだったものが、1998年に14.35ドル、2008年に100ドルまで
暴騰した。 その8年後2016年には43.19ドル(シェールオイルの開発により値下がり。)
2018年9月現在は69.13ドルと結構大幅に上昇してきている。
これは、60%の上昇である。

昨年3月時点では、49.58ドルであった原油が今年3月時点では62.76ドルと26.6%の
値上がりでもある。

こうした原油の値上がりは、輸送業界、繊維、プラスチック業界やあらゆる産業に
インフレ圧力がかかってくる。 
農薬業界にはどの様な影響があるか?  機会油乳剤(ハーベストオイル、トモノールなど。)、展着剤、乳剤などの値上がりとして、すぐに影響する。
肥料業界では窒素肥料が原油の値上がりの影響を直接うける。海外からの輸入品のリン酸、カリ肥料も輸送費用の影響をうけて値上がりする。

という訳で、とりあえず一番値上がりしやすいのは、ハーベストオイル、トモノール
などのオイル製品であります。

値上がり時期は12月からですが、手当てはお早めにお願いします。

                              農薬通販JP
                               鳥羽 和興

by   at 11:55  | Permalink

バナフィン顆粒水和剤の販売が・・・・・・・・・・・

メーカーからの連絡により、終了となりました。

日本芝、西洋芝のヒエなどの1年生雑草向けの除草剤として、ご愛顧賜って

参りましたが、販売量の減少などの事情により、終売となりました。

◎尚、弊社にはまだ在庫が有りますので、この在庫切れとなってから、本当の

終売となりますので、宜しくお願い申し上げます。

                            農薬通販JP
                             鳥羽 和興

by   at 11:02  | Permalink

例年のフェアになりましたが、・・・・・・・・・・・

農薬通販JPでは、今日から、「秋の農作業応援フェア」を実施いたします。

ご注文の額を問わず、1件のご注文につき、1個、メーカーからいただいた粗品を

お送りする商品に同梱してお送りします。

今までの、1万円お買い上げ毎に1双添付させて頂いていた手袋とは別にこれに加えて

お送りします。

これを機会に是非、農薬通販をご利用ください。 宜しくお願い申し上げます。

尚、粗品が品切れ次第終了しますのでお早めにご手配ください。

年により、12月まで、年により11月中に終わる場合もあります。

                             農薬通販JP
                              鳥羽 和興

by   at 14:29  | Permalink

世界の農薬業界は・・・・・・・・・・・

激変期にある状況です。  皆さんもご存知のこともあると思いますが、私の知っている

範囲の情報をお届けします。 この激変の背景にはアメリカのシェールオイルの開発

による影響が大きく関わっています。 シェールイオイルの開発によって国際原油相場

が下落し、植物油の製造により、ガソリンの代用にするという動きがダメになった

ということです。  これにより遺伝子組み換え作物種子の生産が、大きなダメージ

を受けました。

モンサント社(ラウンドアップや遺伝子組み換え種子の開発販売会社)がバイエル社に

買収(6兆から7兆円)され、これによりバイエル社はラウンドアップとバスタの2剤を所有したことによ

り、欧州で独占が問題化され、バイエルはこの種子の一部とバスタをBASF社に

売却(1兆円くらい。)しました。

ただし、日本国内ではラウンドアップの販売権は日産化学が持っているので、引き続き

ラウンドアップの所有はバイエルですが、販売は日産化学が継続するようです。

それから、ダウケミカル社とデュポン社が対等合併します。新会社名はコルテバといいます。

正式は発足は来年になる予定です。

この合併にともない、デュポン社はトルネードエースDF、プレバソンF、同粒剤、

ベリマークSC、ベネビアOD,エクシレルSE,プリロッソ粒、フェルテラ箱粒、

パディート箱粒、ハーモニー75DF、レンザー等をエフエムシー・ケミカルズ㈱へ

売却しました。

その他、アリスタライフサイエンス㈱がインドのユーピーエル社に買収されました。

これにより、ユーピーエル社は世界で5番目の規模の農薬会社になりました。

まだ有ります。 スイスのシンジェンタ社が中国の中国化工集団に4兆9千億円で

買収された。 この他、住友化学がインドの農薬会社、ニューケミインダストリー社を買収。

同じく、住友化学が、オーストラリアの農薬会社、ボタニカル・リソーシズオーストラリ

アグループ社を連結子会社化したとの情報もあります。

その他、DENKA(旧名旭電化工業)が日本農薬㈱の株式の50%以上を取得し、

子会社化した。

この様に、世界中で買収合戦が盛んに行われているのが現状です。それだけ地球の人口

増加に食料生産が追いつかない状況で、これにむけて世界の農薬会社が動いている

感じがします。

                           農薬通販JP
                            鳥羽 和興

by   at 09:43  | Permalink

パレード20フロアブル・・・・・・・

の殺菌剤としての人気が高いようで、メーカーの製造が間に合わず、地域によっては

不足気味に推移しているようです。

今のところ、弊社には、若干の在庫が有りますので、お探しの方はご用命ください。

                              農薬通販JP
                               鳥羽 和興

by   at 09:38  | Permalink

9月3日付けで・・・・・・・・・・・・・・・

農作物病害虫防除所から、注意報第2号が、果樹カメムシ類(チャバネアオカメムシ、ツヤアオカメムシ、クサギカメムシ)を対象に発令されました。

その根拠としては、平年の発生量に比べて、チャバネが5.7倍、ツヤアオが8.8倍、クサギが

5.5倍と多いとされています。被害果は売り物にならなくなるので、注意しましょう。

                              農薬通販JP
                               鳥羽 和興

by   at 13:12  | Permalink

9月の農作物病害虫発生予察情報が・・・・・・・・・・

出ました。

稲        紋枯病・・・・・・・・・多
         トビイロウンカ・・・・・並
         斑点米カメムシ類・・・・やや多

大豆       べと病・・・・・・・・・やや少
         ハスモンヨトウ・・・・・やや多

茶        炭そ病・・・・・・・・・やや少
         チャノキイロアザミウマ・・並
        チャノミドリヒメヨコバイ・・並
         チャノホソガ・・・・・・やや少
         ヨモギエダシャク・・・・多
         カンザワハダニ・・・・・並
         クワシロカイガラムシ・・並

ウンシュウミカン  黒点病・・・・・・・・多
          チャノキイロアザミウマ・・並

中晩柑類     かいよう病・・・・・・・やや多

柿        ハマキムシ類・・・・・・並

果樹全般     カメムシ類・・・・・・・多

ネギ       疫病・・・・・・・・・・やや少
         黒斑病・葉枯病・・・・・並
         シロイチモジヨトウ・・・やや少
         ネギハモグリバエ・・・・並
         ネギアザミウマ・・・・・並

イチゴ      炭そ病・・・・・・・・・多
         ハダニ類・・・・・・・・やや多(中部は多)
         ハスモンヨトウ・・・・・並

菊(施設)    黒斑・褐斑病・・・・・・並
         アザミウマ類・・・・・・やや多
         ハダニ類・・・・・・・・やや多

菊(露地)    黒斑・褐斑病・・・・・・並
         アザミウマ類・・・・・・やや多
         アブラムシ類・・・・・・多

作物全般     オオタバコガ・・・・・・並

                                 以上

                             農薬通販JP
                              鳥羽 和興


by   at 15:27  | Permalink